ランプグラのアームはは人間の手足のような
構造を持つと言ってル・コルビュジェも
賞賛していました。

 

アームとアームをつなぐ部分がまるで人間の
関節のようになっていて自由に動きます。

 

エルボーは肘です。
なので「ダブルエルボー」と言われるタイプは
肘がダブルについているので自由自在にかたちを
変えられます。

 

アンティーク ランプグラ ダブルエルボータイプ

アンティーク ランプグラ ダブルエルボータイプ

 

こうしたり

アンティーク ランプグラ ダブルエルボータイプ

 

 

さらに

アンティーク ランプグラ ダブルエルボータイプ

 

こんなに伸ばしたりもできます。

アンティーク ランプグラ ダブルエルボータイプ

 

おそらくル・コルビュジェはアームを曲げたり伸ばしたり
あっちに向けたりなどしながら広い図面台の上を
自由に照らして使っていたと思います。

 

 

 

ダブルエルボータイプはランプ・グラの中でもレアで貴重な
モデルです。
さらにこちらはニッケルタイプです。

 

アンティーク ランプグラ ダブルエルボー ニッケルタイプ

ランプ・グラといえば黒色が主なので
ニッケルタイプはとてもめずらしいです。

 

 

しかもこのランプはコネクティングロッドがプレート状に
なっているので初期モデルです。

アンティーク ランプグラ ダブルエルボー 

 

ランプグラは1921年に発明されました。
最初は発明家のBernard Albin GRAS氏がパリの工房で
作っていました。

その後、他のオーナーの手に渡り、1922年に
安全のためにコネクティングロッド部分もチューブ状に
改良されます。

 

 

やはり動きは自由です。

アンティーク ランプグラ ダブルエルボー ニッケルタイプ

 

 

アンティーク ランプグラ ダブルエルボー ニッケルタイプ

 

 

アンティークランプグラはこちらのページに掲載しています:

maison de clozzet ランプ

 

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://www.clozzet.com/wp/archives/1637/trackback