ブーケのランプは1923年にパリにてEdouard-Wilfrid Buquetさんが
作ったランプです。

ルコルビュジェ、ピエール・ジャンヌレ、
シャルロット・ペリアンが自分たちの家具を1929年の
サロン・ドートンヌ展に展示した時にブーケのランプを
一緒に使っています。

 

Buquetさん自身は謎に満ちた人物というか
どういう人だったのかほとんど情報がないようです。

Buquetで検索するとスペル違いでお花の
ブーケ(Bouqet)ばかり出てきます。

 

Buquetのランプはアームに重りがついて
精密にとてもいいバランスをとっています。
そのためちょんと手で触れるだけで自由に角度を
変えることをできます。

 

裏にBuquetという刻印が取り付けられています。

 

近代美術館のコレクションにも加えられている
レジェンドと言われる名作ランプです。

 

 

 

パリの国立近代美術館(ポンピドゥーセンター)に展示されていた
マルセル・デュシャンの写真にもブーケのランプがうつっています。

 

掲載はこちらです→ maison de clozzet MC689

トラックバック

トラックバックURL: http://www.clozzet.com/wp/archives/1754/trackback