ジョルジュジューヴは50年代のフランスの
陶芸家たちの中でも別格といわれています。

 

金属のような鈍い光と重量感のあるジューヴの作品は
一目でそれとわかります。

 

 

 

ジョルジュジューヴ(1910-1964)は美術学校の学生だった頃に
仲間からApolloというあだ名で呼ばれていました。

 

ジューブの作品の裏に刻まれているマークは
あだ名のアポロのAとPを組み合わせた
マークだそうです。

 

裏に刻まれたアポロのマーク

 

裏に刻まれたJOUVEの文字とアポロのマーク

 

 

ジューヴは美術学校卒業後は舞台のセットデザイナーとして
働いていました。
その後、インテリアデザインの図面を描く仕事についたり
世界大戦の時には戦争捕虜としてとらえられ、そこから
脱走したりいろいろあり、
パリに移り陶芸家として作品を作り始めたのは1944年からです。

 

ジューヴ作品の特徴である黒銅の仕上げのスタイルを
作り出したのは1949年のことでした。
さらに彫刻や家具、建築素材などもてがけていますが1964年3月に
53歳で亡くなっています。

 

1954年にパリのオーガニックレストランの内装プロジェクトを
ジューブと友人のマシューマテゴがまかされました。

脚の部分を鉄で家具を作っていた友人マシューマテゴが作り
その上にのせるようにジューブがクマの手のひらの
カタチの灰皿を作りました。
とても贅沢なとりあわせです。

 

マシューマテゴとジョルジュジューブのコラボ作品

 

その後、マシューマテゴは1959年に家具作りを一切やめて
タペストリー作家に転じます。
そのため二人のコラボレーションは1950年代の限られた
期間だけでした。

 

ジョルジュ・ジューヴの作品はこちらに掲載しています→maison de clozzet OTHERS

 

 

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://www.clozzet.com/wp/archives/1787/trackback