lamp

セルジュ・ムイユ(セルジュ・ムーユ)のウオールランプです。 GRAND Tuyauというモデルです。     パリでもよく見ればあちこちにセルジュ・ムイユのランプが使われていました。 とはいっても当時… [more]

シャルロット・ペリアンがデザインしたデスクランプです。     見た目は華奢な感じもしますけど裏返して見ると ベースのところにずっしりと鉄のかたまりが入っているので 安定感があり、さすがだなって思いま… [more]

フランス1920年代のランプGRASです。       わかっている限り、フロアランプはこのモデルだけです。 かっこいいです。     掲載はこちらです →maison … [more]

シャルロット・ペリアンの壁につけるウオールランプCP-1です。 カバーのプレートの角度を変えることで 光を上向きにも下向きにも自由に変えられるので いいです。   こちらはとてもめずらしいすべて白色のタイプです… [more]

買い付けてきたインダストリアル・ランプたちが届きました。   このとおり、一部吊り下げています。   ガラスの(ホロフェンの)こんな大きなペンダントランプも 届きました。よくぞ無事に来てくれたものです… [more]

世界大戦中は武器を作るために鉄が必要だったためドイツの KANDEMのデスクランプの素材はガラスで代用していたようです。 ガラスのベースのモデルは1930年代、1940年代のものです。   こちらは1951年の… [more]

アンティークのカプセル・ウオールランプを いろいろ入荷しました。     こんな感じで壁につけて使います。 でもテーブルに置いて使ってもいいです。     カバー部分が古いガラスな… [more]

芸術新潮という雑誌にランプ・グラのことが書かれていたと お客さんに教えていただき早速、本屋さんに 行ってきました!   「ランプの肖像」という連載ページがあります。 このさらに前のバックナンバーは残念ながら手に… [more]

クリスチャン・デルがデザインした KAISER IDELLのデスクランプを 入荷しました。   今回は黒でも白でもなくアイボリー色です。     アイボリーはめずらしいんです。 この色もいい… [more]

冬は寒いですけど光がきれいなので好きです。 夕方の日差しがこんなかわいい影を扉に作っています。   影を作っているのはこちらの吊り下げ電球です。   こちらの商品はSOLD OUTになりました。

ごく初期(1920年代)のGRASランプです。   GRASのランプはアームが鉄でシェードの素材はアルミです。 でもこのランプだけシェードも鉄製なのです。 今まで見てきたGRASのランプの中で鉄のシェードを 持… [more]

ガラスとベークライトのカプセルランプを入荷しました。 古いガラスなので厚みがあってあじがあります。     室内の壁につけても屋外でも大丈夫です。     壁につけなくてもテーブル… [more]

3 / 41234