家具

ピエール・ジャンヌレがインドの都市チャンディーガルの プロジェクトのためにデザインした オフィスチェアーを入荷しました。     こちらは脚がクロスになっているめずらしい タイプです。   … [more]

シャルロットペリアンのアームチェアを 入荷しました。     こちらのアームチェアは1935年にデザインされたものです。 木と藁というナチュラルな素材を使いながら当時のモダニズムを 表現したと言われて… [more]

数年前にパリの建築文化財博物館に行った時のことです。 博物館の中に実物大のユニテ・ダビタシオンの室内が 再現されていました。 室内にはジャンプルーヴェのスタンダードチェアと ダイニングテーブル、その上に置かれていたのが … [more]

CP-1はシャルロット・ペリアンが1963年にデザインした ランプです。 夜にベッドの中で読書をするときに隣にいる夫がまぶしくない ようにと傾きを自由に変えられるシェードをつけました。     &nb… [more]

シャルロット・ペリアンの作品集volume 3が 今年になって出ました。 volume3 は1956 ~1968年についてです。 とても分厚い見応えのある本です。   ギャラリーステッフシモンがオープンしたのが… [more]

Jean Prouvé が1950年代に学校のために作った 椅子と机。   学校用とはいえ大人でもゆったりとすわれる大きさです。     鉄の脚がプルーヴェらしいかたちをしています。 &nb… [more]

マシューマテゴのコパカバーナとアンティークGRAS のフロアスタンド

    今日は少しお店の一角の模様替えをしました。 マシューマテゴのローチェアを店頭に持ってきました。 (壁についているブックシェルフも同じマシューマテゴのものです)     &n… [more]

  パリに行くと必ず装飾芸術美術館をのぞきます。 場所はルーブル美術館の隣です。 インテリアや工芸品、そしてファッションの美術館です。 人が少なく、ゆっくりと見ることができるところも 気に入っています。 &nb… [more]

マシュー・マテゴはタペストリーとメタルの家具作りを していたインテリア・デコレーターです。   彼のバイオグラフィーを読んでいると 1950年代前半(40代の頃)が家具作りで 一番のっていた時期だったようです。… [more]

  1935年にスイスのGeorg Albert Ulysee Caruelleが デザインしたCaruelle Tableです。   一見するとシンプルなテーブルです。 しっかりした真鍮製の脚部分や… [more]

    シャルロット・ペリアンは1960年代に フランスのスキーリゾートLES ARCSの プロジェクトのデザインを手がけました。 そのLES ARCS の駅のために作られた 椅子だと言われています。… [more]

  アメリカのこんな本を買いました。 タイトルは「ヴィンテージ・インダストリアル」   中を開くと すごく見覚えのあるランプたちが。     こちらスープの店内です。  … [more]

1 / 41234