1950年のある夏の日にパリのrue de sévresの
ル・コルビュジェのアトリエにインドのパンジャブ地方政府からの
一通の手紙が届きます。

 

当時、インドは独立したばかりです。
そして北部のパンジャブ地方は州都を新たに作るプロジェクトに
参加する建築家を探していました。

ただし条件は3年はインドに住むこと、またギャラも安く
年棒50,000ドル。

 

最初はまったく乗り気ではなかったル・コルビュジェは
ピエール・ジャンヌレも参加することを条件に引き受けます。
そして二人はかなりの情熱を注いでパンジャブの州都
チャンディガールの都市作りに取り組みました。

 

 

ル・コルビュジェの本名はシャルル・エドワール・ジャンヌレです。
そしてピエール・ジャンヌレは従兄弟です。

ル・コルビュジェが有名すぎてついつい影が薄くなりがちですが
ピエール・ジャンヌレはル・コルビュジェの右腕として
建築設計やインテリアのデザインも多く手がけています。

 

 

ピエール・ジャンヌレがチャンディガールのプロジェクトのために
デザインした家具たちが今やとても貴重なものとなっています。

 

チャンディガールプロジェクトのピエール・ジャンヌレのスツール

チャンディガールプロジェクトのピエール・ジャンヌレのスツール

 

当時の文献によるとこのスツールが作られた数は100~300。
ただその多くが今までに捨てられたり、薪として燃やされたり
しているため実際に残っている数ははるかに少ないと
言われています。

 

最近になってこれがとても価値があるものだとインド政府も
気がついたためインド国外への持ち出し禁止になったという
話しも聞きます。

 

座るとちょうどいい高さです。

チャンディガールプロジェクトのピエール・ジャンヌレのスツール

チャンディガールプロジェクトのピエール・ジャンヌレのスツール

 

時代を経てきたいい風合です。

チャンディガールプロジェクトのピエール・ジャンヌレのスツール

チャンディガールプロジェクトのピエール・ジャンヌレのスツール

 

ピエール・ジャンヌレのスツールはこちらに掲載しています→maison de clozzet

 

 

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://www.clozzet.com/wp/archives/1610/trackback