ジョセフ・アンドレ・モット(1925-2013)はインテリア、家具、ランプの
デザイナーとして戦後のフランスで活躍した人です。

シャルルドゴール空港やオルリー空港、ルーブル美術館、パリのメトロ駅などの公共の場所の
インテリアデザインも手掛けています。

 

こちらはジョゼフ。アンドレ・モットが1960年にデザインした
フロアランプです。

ジョセフアンドレモットのフロアランプ

Joseph-André Motte “J1” floor lamp
Pierre Paulin butterfly chair
Mathieu Mategot table
Francis Bernard poster, Ruellan cup

 

ベースの台は写真で見るとプラスチックなのか?と思ってしまいますけど木製です。
そしてシェードはガラスです。Opanline と呼ばれる乳白色のガラスです。

天井にうつる光が美しいです。

ジョセフアンドレモットのフロアランプ

Joseph-André Motte “J1” floor lamp
Claude Morin glass

 

 

The Complete Designers’ Lights II に掲載されています。

ジョセフアンドレモットのフロアランプ

Joseph-André Motte floor lamp
The Complete Designers’ Lights II p.184

 

 

掲載はこちらです: maison de clozzet ランプ

 

*写真・記事・ページの複製・無断転載は禁じます。

トラックバック

トラックバックURL: https://www.clozzet.com/wp/archives/2293/trackback