ジャン・プルーヴェのスタンダードチェアー。

ビニールレザー張りのタイプNo.306は1952年に
スタンダードチェアのバリエーションの一つとして
オフィス、学生寮などのために作られました。
このタイプはめずらしいです。

レザーの中がクッションになっているので座り心地もいいです。

 

      

 

どの角度からみてもほれぼれします。

スタンダードチェアーの掲載はこちらのページです:

maison de clozzet CHAIR/ TABLE

 

*写真・記事・ページの複製・無断転載は禁じます。

トラックバック

トラックバックURL: http://www.clozzet.com/wp/archives/1918/trackback