フランスで1950年代〜60年代に活躍したセラミスト
デニース・ガタールの作品です。

フランス ミッドセンチュリーセラミスト デニス・ガタールの作品

フランス ミッドセンチュリーセラミスト デニース・ガタールの作品

 

デニース・ガタールはフランスミッドセンチュリーのセラミストを代表する
ジョルジュ・ジューヴの妹です。

 

陶芸を兄から学んだデニース・ガタールは兄ととても仲がよく
兄と同じようなインスピレーションを受けたり
同じ釉薬を使って制作をしたので兄であるジューヴの作品と
よく似た光を放っています。

 

しかし彼女は1960年代半ばに陶芸作りをやめて
ジュエリー作りに専念するようになります。
そのため彼女の陶器作品は1965年頃までのものしかありません。

 

偉大すぎる兄の影に隠れていましたが
女性らしい優美さをもつフォルムが特徴の彼女の作品も
近年になって高く評価されています。

 

裏面にD.Gのサインが彫られています。

 

掲載はこちらのページです→maison de clozzet CERAMICS

*写真・記事・ページの複製・無断転載は禁じます。

 

 

 

 

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://www.clozzet.com/wp/archives/1978/trackback