先日、「ジャンヌレ、ペリアン、ランプグラの展示会」を
坂倉準三が設計した建物「芦屋市民センター」にて開催いたしました。

予想していたよりも多くの方にご来場いただき
誠にありがとうございました。

 

 

 

 

準備しているところです↓

扉の上には具体美術(GUTAI)の画家 白髪一雄の作品が
飾られていました。
かっこいい。。。

 

 

入り口です

 

会場です

 

 

ピエール・ジャンヌレの椅子たち

カンガルーチェア

 

 

 

ランプグラ

 

 

シャルロット・ペリアンのコーナー

ペリアンの本棚 ビブリオテック

 

ジャン・プルーヴェも少し

ジャン・プルーヴェ

 

 

 

 

 

展示のコンセプトはコルビュジェつながりです。

建物の設計はルコルビュジェの弟子である坂倉準三です。

ルコルビュジェがいとこのピエールジャンヌレとともに
設計したインドの都市、チャンディガールのために
ピエールジャンヌレがデザインした家具たち、

 

コルビュジェとともに仕事をしたシャルロットペリアン、
シャルロットペリアンを日本政府が招いた時に手紙を出したり
いろいろしたのが坂倉準三だったということもつながっています。

 

ジャン・プルーヴェもほんの少しですがルコルビュジェと
仕事をしたつながりもありますし

 

そしてルコルビュジェがこよなく愛したランプグラも
あわせて展示しました。

 

今回はの展示会場は市民センターなので展示即売は許されていなかったので
購入希望の方はぜひ実店舗にお越しください。

maison de clozzet

 

トラックバック

トラックバックURL: http://www.clozzet.com/wp/archives/2037/trackback