世界大戦中は武器を作るために鉄が必要だったためドイツの
KANDEMのデスクランプの素材はガラスで代用していたようです。
ガラスのベースのモデルは1930年代、1940年代のものです。

 

こちらは1951年のモデルです。
1930年代のものとの違いはスイッチの位置です。

ドイツ バウハウス ガラスのKANDEMランプ

 

この頃はもう戦争は終わっていますが
以前に作られたプレス・ガラスのベースをそのまま使っています。
そしてシェードはベークライト製です。
時代を経てきた風格があります。

 

ドイツ バウハウス ガラスのKANDEMランプ

 

古いガラスはガラスのくせにあったかい感じがします。

 

掲載はこちらです→ maison de clozzet ガラスベースのKANDEM ランプ

 

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://www.clozzet.com/wp/archives/896/trackback