フランスミッドセンチュリーの3大セラミストの一人と
言われるJaques and Dani Ruellandの陶器は
ジャックとダニの夫婦による作品です。

 

 

二人が一緒に陶芸を始め、結婚したのが1950年。
1950年からパリにアトリエをかまえ自己流で
土の組みあわせや釉の試行錯誤を重ねて独特の
光沢や色を作り出しました。

リュエランの作品作りはまずDaniがゆるやかなアシメトリーを
一筆描きで紙に書き出します。

これみよがしではないちょうどいいアシメトリーさを出すことに
彼女はこだわったそうです。

 

 

1970年に二人はアヴィニヨンの近くの村に移り住み
自然に囲まれた環境の中でますます精力的に作品作りを
しました。

 

Jacques and Dani Ruelland 一輪挿し

Jacques and Dani Ruelland 一輪挿し

その頃の作品です。

淡い色の花瓶は並べるとモランディの絵画のようでしょ?と
フランス人に言われたことがあります。

 

 

fig(イチジク)の形の花瓶も代表作のひとつです。

 

リュエランについての本もあるほどです。
(本の扱いはしておりません。。)

 

 

 

 

ジャックとダニ リュエランの写真です。

ジャック&ダニ リュエランの写真

 

リュエランの作品は1950年代から一貫して言えることは
当時から人々に好まれ、人気があったということだそうです。

 

 

ジャック&ダニ・リュエランの作品の掲載は
こちらのページです→maison de clozzet CERAMICS

 

*写真・記事・ページの複製・無断転載は禁じます。

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://www.clozzet.com/wp/archives/1891/trackback